伝統文化に親しむ、かるた大会

1月10日(木)

冬休み前後、いろいろな教室からかるたや百人一首を読む声が聞こえていました。冬休みにも宿題で犬棒かるたや百人一首を覚えてこようというものがありました。今日は、3、4、5年の3つの学年でかるた大会が開かれていました。「はい」と元気よく札を取り合う姿がとてもすてきに見えました。百人一首は藤原定家が鎌倉時代に選定したものですね。競技かるたとして、映画の「ちはやふる」で再び人気が出て、子供たちにもおなじみになったようです。すばらしい日本の文化の1つです。ぜひ、これからも親しんでほしいものです。

3年生

4年生

5年生

カテゴリー: 3年生, 4年生, 5年生, 児童の様子 パーマリンク