感謝と喜びをほおばる5年生

12月3日(木)

5年生は5月から取り組んできた「米ニュケーション田」で、田んぼのお世話をして下さった高畑さんご夫妻とJAの窪田さんをお招きして集会を行いました。

春から取り組んできた田植えから収穫までの様々な手間、自分たちが体験して大変だったことを踏まえて話し合い、集会を「感謝してお米を食べよう」と名付けました。

「今まで田んぼのお世話をして下さったみなさんに感謝の気持ちををもとう。」

「自分たちが食べているお米にもたくさんの手間がかかっているから感謝して食べよう。」

という思いを伝えようとこの集会に向けて取り組んできました。

DSC01572

DSC01590

集会では高畑さんご夫妻と窪田さんの前で、お米について学んだ5年生の代表として2グループが「お米と他の作物との関係」「おいしいお米を作るには」について発表を行いました。

DSC01598

DSC01601

発表を行ったあとには、高畑さんがお話をして下さいました。

・このお米は無農薬で育てられていること

・菜の花を細かくした物を肥料として与えられていること

を知った子供たちからは、驚きの声があがっていました。

DSC01606

お米作りにも菜の花が使われていることが戸出らしくて嬉しいという思いを子供たちはもったようです。

 

さあ、いよいよ自分たちで作ったお米、炊いたご飯、握ったおにぎりでの会食です。

DSC01615

どの子供も嬉しそうにおにぎりを口いっぱいにほおばる様子が見られました。

高畑さんや窪田さんと言葉を交わしながら食事をした子供たち。

米ニュケーション田を完結させた後の今回の集会でしたが、まだまだ学ぶこと、新しく知ることはたくさんあるようです。

 

5年生は今までの活動や今回の集会を通し、たくさんの苦労をして我々にお米を届けて下さる農家の方々に感謝する心をもち、お米を食べられる喜びを感じながら、今後もお米や農家の方に関する学習を続けていきたいと思います。

 

今回お越し下さった高畑さんご夫妻、窪田さん、お米作りに関わって下さった皆様、本当にありがとうございました。

カテゴリー: 5年生, 児童の様子 パーマリンク