避難訓練~不審者の侵入を想定~

1月12日(火)

今日、不審者の侵入を想定した避難訓練を行いました。

この訓練は、教職員(2階教室男性:不審者を取り押さえる、1階教室男性と女性:児童の安全確保)と子供(バリケードを作り静かにする)の2つの訓練内容があります。

男性教職員は、不審者役(警察の方)を取り押さえ、駆けつけた警察の方に引き渡すことができました。

CIMG4211

CIMG4213

子供たちは、緊急放送や先生の指示をよく聞いて、速やかに安全に避難することができました。

体育館に避難後、戸出交番の方からお話がありました。

「お・は・し・も」や「いかのおすし」の約束をしっかりと守ることが大切であることを再確認しました。

P1120054

子供たちの感想から、「不審者が本当に来たら大変なので、自分の命のために真剣に避難しました」「交番の人の話を聞くとき、一つも体を動かさないように聞きました」など、真剣に避難訓練に臨んでいたようです。

今後も子供たちに「自分の命を守る」こと意識させ、防犯意識の向上を図っていきたいと思います。

 

 

カテゴリー: 児童の様子, 学校の様子, 学校行事 パーマリンク